流石と書いてながれぼしと読む

とにかく多趣味なので、いろんなジャンルのことを思いつくがままに書いていきます。

世界は常に未知の魅力に溢れている。

ご無沙汰してます。うめ太です。

 

ボルコン杯以来DMに本格的に復活しまして、最近はDMにお熱です。

今年の夏は近場で開催されるCSにも参加したいなと考えています。

 

そして今年の秋に普段お世話になっているカードショップ「カードマイスター」さんが五周年を迎えます!

 

そこで。。。。

五周年らしい企画を考えたい、、、、最近熱いDM、、、、ボルコン、、、、5、、、

 

すべてを一つにまとめました。

題して「5周年記念ボルコン杯」!

まんまとか言わない)五周年ということでとにかくにこだわりました。

 

まだまだ試験的に始めたばかりなので、基盤となるルールをここに書いていきます。

ルールの見落としや更なる追加ルール等もあるかと思いますが、その点はご了承ください。

 

1、デッキ枚数は50枚とする。

2、以下のカードを必ず採用する。

・ボルメテウスホワイトドラゴン 4枚

・希望と勝利の伝説 4枚

・ボルメテウスレッドドラグーン 1枚

・ボルメテウスブラックドラゴン 1枚

・ボルメテウスサファイアドラゴン 1枚

・魔龍バベルギヌス 1枚

・埋没のカルマ オリーブオイル 1枚

 

(上記の13枚は後述のルールの例外とします。)

 

3、必ず5文明(火、自然、水、闇、光)の単色カードをデッキに4枚以上入れること。

※ゼロ文明に関しては自由です。なしでも1でも可。

※上記の固定13枚を含めずに4枚です。

4、デッキに採用できるカードはコモン、アンコモン、レアのカードのみとする。

※スーパーレア、ベリーレア、ビクトリーレア、プロモ、レアリティなしなどはすべて禁止とします。

採録等で1度でもコモン、アンコモン、レアのどれかに属したことがあれば使用可能とします。

5、同名カードはデッキに1枚までとする。(所謂ハイランダー構築)

※カード名が別でコスト、パワー、能力が同じカードも同名カードとして扱います。

例)クウリャン、ピカリャン、アクアハルカス等は文明、種族は違えど、3マナ20001ドローという点が同じなので、いずれか1枚とします。

例)ロジックキューブ、ロジックサークル等についても同じです。

例)トリプルブレインと王立アカデミーホウエイルは能力は同じですが、コストが違うので別のカードとして扱い、両方1枚ずつ採用可能です。

6、スピードアタッカー(以降、SA)のクリーチャー、SAを付与する呪文はデッキに1種類まで。但し、複数体のクリーチャーにSAを付与するカード(キリモミスラッシュ、キリュージルヴェス等)は使用禁止。

※SAを付与するクロスギア、城は使用禁止です。

※進化クリーチャー及びNEO進化クリーチャーもSAと同じ扱いとします。

※召喚酔いを無効にするカードも同じ扱いです。

例)ダイヤモンドソード、ダイヤモンドグロリアス等。

7、マナを増やすカードはデッキ内に8種類までとする。

※チャージャーも含みます。

8、以下のカードを通常の殿堂レギュレーションに加え、禁止カードとする。

・超次元クリーチャー及びドラグハートカード

・D2フィールド

・1マナのカード

・ガチンコジャッジを持つカード

・多色マナ武装を持つカード

・Tブレイカー以上のブレイク数を持つカード、及びブレイク数を増加させるカード

・ロストソウル

・光器パーフェクトマドンナ

・ラストバイオレンス

・緑神竜 ザールベルグ

・シェルフォートレス

・オールデリート

・偽りの名ナンバーナイン

・パーロックのミラクルフィーバー

・パーロックの宝物庫

・偽りの名 iFormulaX

・クリスタルフュージョン

・拷問ロストマインド

・復讐のバイスカイザーZ

・レインボーアロー

・魔天降臨

・殺意の悪魔龍マガンド

・音速 ソニックブーム

・タイム3 シド

・虚構の影バトーショルダー

・封魔ゴーゴンシャック

・ガチャンコミニロボ一号

・牛歩の玉 モーギュ

・奇石 タスリク

・剛厳の使徒 シュライバー

・奇天烈 ポーカード

・エクスリボルバードラゴン

・害悪のカルマ スタバック

ロックマンエグゼ&勝太

・Treasure Cruise(七福神の宝船巡り)

・カモンビクトリー

・カモンレジェンド

・デュエマーランド~レインボードリーム~

・超電磁パックE

・勇者仮じーさん

・パーロック~交差の石板~

・爆熱血ナレ太郎

・炎下実行DJショー

・開発部の守護者ミッチー

・ドキンダムガチャ

 

以上です!

かなり長くなってしまい申し訳ありません。

しかし、これらを潜り抜けてさえいれば何を使っても大丈夫です!

基本はゆったりとしたコントロール合戦を楽しみながら

 

「なにそれwwwww古すぎて知らないwww」

「そんなカードあったっけ!?」

「普段使わないカード過ぎて感覚バグるww」

 

みたいな対戦がしたくて、見たくて、このルールにしています。

コンセプトは「懐古厨の懐古厨による懐古厨のためのデュエマ」です。

 

デュエマは好きだけど最近のカード集めるのがしんどい、、、

最近のカードのスピードが肌に合わない、、、

あの頃好きだったカードを使いたい、、、

脳が溶けるまでコントロール合戦がしたい。。。

 

そんなあなたにお勧めです!

かなり安価で始められると思うので、これを機にデュエマに復帰もいいかなと思います。

ぜひ快適な()5Cハイランダーボルコンミラーはいかがでしょう!

 

 

では最後に恒例のタイトルについて。

世界は常に未知の魅力にあふれている。by風見雄二

 

グリザイア積みゲーなう。。。。

 アニメ化あざす。。。

 

所詮この世には楽園なんてない、、、なければ作ってしまえばいいのよ、簡単なことだわ。

以前にもブログに書きました通り、

2月5日に和歌山で開催されました「紀州ボルコン杯」に参戦して参りました。

伝説の2日間を語ります。

 

 

2月4日

昼頃に集合し、約4時間の車移動。

さらば岡山。。。いざ和歌山へ!

カードマイスターの店長と常連の方々との男6人旅です。笑

f:id:pinopeace329:20170301123222j:image

前日の仕事疲れもあって何度か寝てしまいました。

(運転してくださったトリセさんに申し訳ない。。)

17時頃和歌山へ到着し、宿に荷物を預け、和歌山をぶらりしました。

カードショップメタビートさんやカードショップすのめろさんにお邪魔して、買い物したり、フリー対戦したり、オベリスクペンデュラム召喚されたり笑、写真撮ったりと、カードゲーマーを思う存分満喫しました笑

そしてなんと、すのめろさんで日赤さんと紀州ボルコンで対戦させていただくことに!

アポデイ2発ガンブラ3発お互いオリーブ2回を絡めた激しい攻防戦となりました。

ジェニーでオリーブスパゲ計略牢獄ボル白の中から、こちらのデッキがまだ10数枚あるにも関わらず、オリーブを即答で引き抜かれたり、ガンブラで手札をすべて刈り取った後にトップロジックキューブから即座に立て直されたりと、「流石」と感じる場面がたくさんありました。

こちらのデッキ回復手段がすべてなくなり、ボル赤ボル黒ベルリンで最後の攻めに転じるも、その希望を完膚無きまで打ち砕く2発目目のアポカリプスデイ。

こちらのデッキ切れで日赤さんの守りに屈する結果となりました。

時間があまりなく、1戦しかできなかったことがすごく悔しい!

しかし、負けたにも関わらず、翌日のボルコン杯へのモチベーションは最高潮といった具合でした。笑

夜遅くまでお店を開けていてくださったすのめろさん、対戦していただいた皆様、本当にお世話になりましたm(*_ _)m

f:id:pinopeace329:20170301151045j:image

✌✌戦利品です。✌✌

宿に戻る道中にすのめろさんの常連の方々に酷評されていた和歌山ラーメンを啜りに行きました。笑

(美味しかったです)

宿で軽く最終調整を済まし、気合を入れて就寝。

 

2月5日

ついにこの日がやってきました。

10時頃起床してゆったりと身じたくを済ませ、

いざ腹ごしらえ。

またまた和歌山ラーメンを啜りました。笑

いざ会場へ。

念願のボルコン杯参加ということもあって、 会場についた直後から、テンションが上がりっぱなしでした笑

f:id:pinopeace329:20170328122326j:image

f:id:pinopeace329:20170328122255j:image

紀州ボルコン杯会長のわか八郎さんに挨拶をして、いよいよ本戦が始まりました!

1回戦

5ターン目まで動きなしでしたが、相手の伝説連打からのボル白2体に対してオルゼキアを投げ、続くボル白召喚に光の速さでガンブラ。

返しに動きなしでターンが回ってきたのでロジックから伝説ボル白で反撃開始。

ジェニーガレックで後続を絶って殴りきりました。

 

2回戦 あおいさん

現役最強との呼び声も高いあおいさんとの1戦。

まさかの動画卓ということもあり、緊張しっぱなしでした。笑

初手は青は少ないけれどライトロジックがあり、絶好とも言えるスタート。

ジェニーを食らうも順調に伝説。

しかしバブトラをはじめとする軽量除去を駆使したあおいさんの守りの前に攻め手が足りず、あと一手が届かない。

ガンブラ半蔵ブラックゼキアを溜め込んでいる所に伝説ホワイトから墳墓を打ち込まれ、一気に苦しくなり、ホワイトを裁くもさらに追撃の半蔵&ラブスナイパー。

半蔵ベガバキュームでなんとか土俵際で耐え、相手のガレックがないことを祈り続け、ついに勝負は最終局面へ。

相手デッキ4枚シールド2(1枚ブラック)場にはミルアーマラブスナイパー。
こちらデッキ3枚(ソルハバキ牢獄+ボトムに半蔵)シールド1場にガレックの状況でソルハバキを引けず、バベルギヌスからオリーブを見切って勝負を賭けたラブスナイパー蘇生。
ミルアーマを焼いてガレックで叩いて攻めるが、無常にもホワイトフレアがトリガーして負けました。

 

最後はラブスナイパーがいてもオリーブ蘇生すべきだったかなと反省。。。

悔しくも記憶に残る一戦でした。

 

その後、会場に来られたじゃっきさんとフリー!

紀州ボルコン界のカリスマ的存在であり、長らく憧れていた方とのフリー対戦。テンションが上がらない理由がありません。笑

結果は1勝1敗。

1戦目はベルリン→ブラック →ゼキア→ガンブラといった紀州ボルコンらしいパワーカードの押し付け合いから始まり、試合中盤にハバキを絡めてバキュームジェニーを決めるも、一気に展開されジェニーが腐る。

シールドに埋まったオリーブを相手のホワイトの攻撃とバブルトラップ3発を使って全力で探し当て、伝説4発を使い切って万を持してのオリーブ。

その後ホワイト2体とゼキアからブラックと並べて押し切りました。

 

2戦目は終始じゃっきさんのペースに付いていくのがやっとといった展開。

デバウラロジック回収からのガンブラサーチでなんとか逆転を狙うも鬼のガレック。

その後のバキューム召喚にガンブラを打ち込まれ、一気に劣勢へ。

なんとか伝説を引き当て、オリーブを着地させ落ち着こうとしたところを半蔵とゼキアに攻め立てられ、敗北。

鋭い読みと鮮やかな攻めに感服しました。

f:id:pinopeace329:20170512123427j:image

写真撮影やサインといった無茶ぶりも快く承諾してくださり、感謝しても感謝しきれません。笑

 

本戦終了後、わか八郎さんのご厚意により、紀州の方々とリレー形式での対戦をしていただきました!

ルールは1ターン毎にプレイヤーの変わる変則ルール。チーム内での相談は各チーム1度だけ認められています。

これがまた難しい。。。。

備前組の中でもお互いのプレイスタイルはまだまだ掴みきれておらず、序盤のマナチャージすら千差万別。

結果は。。。。

 

紀州軍の圧倒的な攻めに屈し、備前軍の大敗です。笑

試合前に牢獄チャージからベルリントリッパージェニー伝説で勝ちですね!!!とかアホなことを言っていたのが恥ずかしいです。笑

 

トリッパーから始まってガンブラからのジェニーを食らって手札が枯れ尽きた後のトップでベルリン(どやぁ!)が現れたり、まさに圧敗といったざまでした笑

f:id:pinopeace329:20170512123517j:image

 前列が負けdog達です笑

 

さらにその後、紀州ボルコン杯の追加カード発表が行われました!

out

バキュームクロウラー

陰謀と計略の手

タージマル

タイムトリッパー

ベガ

in

サイレントスパーク

アクアサーファー

デモンズライト

リバースチャージャー

 

度肝を抜かれる内容に、会場全体から大きな歓声があがりました。

4枚の中でも特にリバースチャージャーは驚いた方が多かったように感じます。

オリーブの再利用手段が増えたこと、デバウラ伯がオリーブに繋がる可能性が出ること、デッキ内唯一のチャージャーであること、などなど、今までの紀州ボルコンが大きく変わる瞬間を目の当たりにしました。

そして後日、わか八郎さんのTwitterでベガとの変更で発表された、最後の追加カード。。。

なんと。。。

ボルメテウスサファイアドラゴン!!!!!

衝撃的でした。

 

今までの紀州ボルコンには無い多くの要素が含まれた1枚でもあり、まさに「切り札」。

賛否両論あるようですが、僕自身は大賛成です。

 

そして最後に紀州の方々との5on5のチーム戦を

させていただくことに!

僕の対戦相手はじゃっきさん。

さぁ備前軍の底力を。。。と意気込んだものの、デバウラを絡めてバブトラ連打で受けに回った所にガレックが突き刺さり、それを皮切りに鮮やかに攻め立てられました。

チーム戦の結果は2-3で紀州軍に一歩届かず。。。

最後の1人の対戦を全員で観戦して一喜一憂しました笑

f:id:pinopeace329:20170512123615j:image 

 

最後の挨拶を済ませ、車に飛び乗りそのまま和歌山を出発。

途中のパーキングエリアで軽く夕食を済ませ、男6人オタク話や和歌山トークに花を咲かせてると、あっという間に岡山へ到着。笑

 

 あっという間の2日間でしたが、本当に充実した時間だったように思います。

紀州の地を思う存分堪能し、紀州ボルコンの真髄に触れ、多くの刺激を受けました。

主催のわか八郎さんをはじめ、暖かく迎えてくださった和歌山の皆さん、対戦してくださった皆さん、大変お世話になったすのめろさん、メタビートさん、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

そしてなんといっても備前のメンバーの方々!

無茶ぶりと我が儘に付き合ってもらいっぱなしで申し訳ない。

1人で行くより何百倍も楽しかったです!

ありがとうございました。m(*_ _)m

 

サファイアが追加される今年の夏!再び紀州の地へ行きます!!

 

それでは最後に恒例のタイトルについて。

 所詮この世には楽園なんてない、、、なければ作ってしまえばいいのよ、簡単なことだわ。by風見一姫

 

グリザイアの台詞の中で一番好きな台詞

かもしれません。

この台詞の良さはプレイしてみないと見えないかもしれないので多くは語りません。笑

最後までお付き合いいただきありがとうございました。m(*_ _)m

 

 

無茶苦茶大いに結構!正論が正しかった例などないのよさ!

お久しぶりです。

まずはじめに。

 

突然ですが、改名しました✌

 

これからはピノ改めて、ウメ太として活動していきますので、宜しくお願いします。

 

さて今回はといいますと、

以前にも当ブログで報告しました

2月5日に和歌山で開催される「紀州ボルコン杯」に参戦することが決定しました!

普段お世話になっているカードショップ「カードマイスター」の店長さんと常連の方々と人生初の県外への大型遠征です!

(車を出してくださるとりせさんに多大なる感謝を。。。)

 

DM現役時代からボルコンミラーが大好きだった僕にとって、人生で1度は参加してみたかったと言っても過言ではない大会なので、今から興奮冷めやらぬといった心境です。

※詳しいルールについては後日

 

紀州ボルコンについての考察や和歌山旅行記も書こうと思ってるので乞うご期待を。(やるやる詐欺注意)

 

主催のわか八郎さんをはじめ、運営の方々、当日参加される方々、宜しくお願いします!

 

最後に恒例のタイトルについて。

「無茶苦茶大いに結構!正論が正しかった例などないのよさ!」by入巣蒔菜

グリザイアシリーズより入巣蒔菜の名言です。

片道4時間の長旅なので無茶苦茶楽しみたいと思ってます笑

 

 

趣味とは社会を知る窓である

お久しぶりです。

ピノです。


前回の更新からかなり期間が空いてしまったのでまずは生存報告から。

余談ですが、初めてiPhoneで記事を書いてみました笑


ポケモンについて

第6世代末期までダブルを主にやっていましたが、新作にはまだ手を出しておりません。

大きな理由としてはTCG復帰、互換切り、生活環境の変化などがありますが、

機会があればまた復帰したいと思っています。

これは僕の趣味全般に言えることなのですが、高校時代から趣味の内容よりも「一緒に楽しめる人がいること」や「その趣味を共有したいと思う相手がいる」ことを重視するようになり、今はTCGにお熱です笑


TCGについて

復帰しました。

現役時代からお世話になっていた多くの方々が温かく迎えてくださいました。

対戦だけでなく、コレクション、コミュニケーションツールとして、〇〇限定大会などのイベント、ドラフト等の特殊ルールなどいろんな楽しみ方をさせていただいています。

各タイトルについて軽く書きます。


遊戯王

ほぼファンデッキばかりを触って「楽しむ遊戯王」をしています。

BF限定大会、征竜限定大会、ドラフト戦など特殊ルールもたまにやっています。笑


デュエルマスターズ

昔から所謂「ボルコンミラー」が大好きなのでいろんな方とボルコンミラーをしています。

余談ですが、2月5日に和歌山で開催される紀州ボルコン杯にお邪魔する予定です。


ヴァイスシュヴァルツ

リア友とかなりガッツリやっています。

Angel Beats、D.Cwithyou、デレマスを少々齧っています。笑



今後の活動についてですが、日々の雑談、各種TCGについての記事、オタク趣味に関してなどの記事を書いていこうと思っています。


最後に今回のタイトルですが

グリザイアの迷宮より。

趣味とは社会を知る窓である。By風見一姫


今の自分にぴったりかと思いまして笑

今回はこの辺で👋

だれかに期待されたいのなら、誰かに消えて欲しくないと思うのなら、まずきみが自分自身に期待しなさい。[ポケモン 第6世代GSルール]

お久しぶりです。ピノです。

シーズン14の構築記事に気合を入れすぎて、思った以上に時間がかかってます。笑

 

というわけで今回は今一番ホットな話題であるGS関連です。

インターナショナルチャレンジも残すところあとわずかということで

そろそろ書いてもいいかなと思ったので簡単に書きます。

 

まず最初に。

2ヶ月ほどGSに触れておらず、ダブルばかりやっていたので明らかに調整不足です。

以前、GSをやっていた時はそこそこ勝ててたので「あ。これ意外といけるわ」と

調子に乗ってました。笑

そのせいもあって思ってた以上に勝てません。

 

ではいくつか思ったことを書きます。

参考程度にどうぞ。

・原子カイオーガの驚異的な勢力拡大について。

f:id:pinopeace329:20160328173820g:plain

「グラゼルネ構築(原子グラードンゼルネアス)が環境の中心で

これをオーガスタンやメガレックウザスタンが追いかける。」

僕の中でGS環境というものはそういった印象でした。

しかし今のGS環境のオーガスタンは第2、第3勢力と呼ぶには

あまりにも勿体ないほどのパワーを持っています。

それはもう原子グラードンに引けを取らないほどの

大きな力を持っていると言っても過言ではありません。

確かに原子グラードンのスペックは所謂ぶっ壊れであり、

数値の暴力と言われるGSルールでも頭一つ抜けています。

しかしメインウェポンである断崖の剣が命中不安定技であることや、

地面が弱点であることからミラーでの運負けが一定数存在します。

これは原子グラードンを使う上での宿命です。

これをケアするために大地の力を主力とする個体も存在しますが、

原子カイオーガにはこの運負けがほとんどありません。

そしてグラードンは天候をとって攻撃特化の断崖の剣を打ち込んでも、

耐久に振った原子カイオーガを一撃で落とせません。

しかし原子カイオーガ側は天候さえ奪えば、

グラードンを一撃で吹き飛ばすことが出来ます。

つまりスキルスワップやエアロックで天候が変わった瞬間に、

グラードンの負けがほぼ確定します。

f:id:pinopeace329:20160328173403p:plain

やはり命中100で一貫性の高い全体技をもち、

火力面で天候の恩恵を受けられる原子カイオーガ

今更ですが、文句ナシのぶっ壊れ性能を持っています。

また、グラゼルネ構築のテンプレ(グラゼルネガルアローマンダドーブル)

が開拓されつつあり、カイオーガ側もこれらを踏まえて、

プレイングや構築の研究が急速に進められています。

プレイングに関しても、以前はこちらがグラゼルネスタンだと分かると

初手オーガから高速ゲームを仕掛けて来る人が多かったので、

最遅グラードンで天候を取ってトリル展開で勝てていたのですが、

今のオーガスタンもこれらを理解し、オーガを後投げorレックウザを裏に置いておいて、

仕掛ける時にレックウザを投げてエアロックで天候を奪い、

水技を通すというのが主流になりつつあり、

トリルのみでは付け入る隙があまりにも少なく、最遅という要素が弱点となり、

負けてしまうという試合がいくつもありました。

こうなってくると場数を踏むしかなく、僕は明らかにこれが足りません。

なので対オーガスタンの勝率が明らかに悪いです。

 

・原子グラードン構築の研究が進みすぎている。

・グラゼルネスタンの構築にも少し変化がある。

f:id:pinopeace329:20160328174449g:plainf:id:pinopeace329:20160328174954g:plainf:id:pinopeace329:20160220004326g:plainf:id:pinopeace329:20160328174704g:plain

f:id:pinopeace329:20160328174637g:plainf:id:pinopeace329:20160328174814g:plain

メガガルーラの風格がヤバ過ぎて。。。

これも以前はあまり感じなかったのですが、前述のテンプレ開拓に加えて、

最近のグラゼルネスタンではプレイング以外の面で、少しでも相手と差をつけるために

技や配分に個々のアレンジが多く見られます。

想定外の技だったり、レート帯によっての感覚だったり、

パッと思いつくひらめきだったり、咄嗟の判断だったりの

所謂目に見えない情報量の差です。

これが今回一番の問題だと考えていて、第6世代GSのような使用されるカードプールが

大きく制限される環境では小さな差や工夫が大きな武器となることが、

分かっていたにもかかわらず、実戦経験を積まなかったことが

かなりの痛手となっています。

具体的なところで言うと特殊グラードンの増加、最速グラードン

追い風持ちボーマンダ、草結び持ちゼルネアス、スカーフドーブル、などです。

 

「そんなオカルトありえません。」といってペンギン蹴飛ばされそうな話ですが、

僕はこういったレートのオカルトは結構真摯に受け止めます。(笑)

余談ですが、麻雀を打つときは基本和タイプで、「やったるか」という場面では

直感や場の雰囲気を考慮することもあって、さらにチャンタ系の大物手が大好きなので、

愛宕洋榎タイプですね。あそこまで強くないですけど(笑)

榎って字を打つときのエノキから変換する作業ダルすぎ

 

閑話休題、といってもGSについて今、語りたいことは以上です。

インターナショナルチャレンジも残り僅かですが、頑張ります。

次の記事はORASダブルのシーズン14についてです。

 

では最後に、今回のタイトルについてですが、

「だれかに期待されたいのなら、誰かに消えて欲しくないと思うのなら、まずきみが自分自身に期待しなさい。そして、自分を大切にしなさい。誰かのためじゃなくて、自分のために生きなさい。」by松嶋みちる

こういう本来のキャラとのギャップが強すぎる名言が大好きです。

あとグリザイアの迷宮を買ってしまいました。

ワイは悪うない。安く売ってたゲーム屋のあんちゃんが悪いんやで。

 

ではまた次の機会に👋

負けなければ、それでいい。戦績をあせる必要はないのよさ。[ポケモン ダブル]

まいどまいどピノでございます。

まず最初に。

私事ですが、卒業しました。

色々と抱えていた問題も解決しつつあり、順調といったところです。

あとブログタイトルをamebaの時に使っていたタイトルに戻しました。

 

さて、今回はシーズン14で僕が生み出した謎ポケモンをいくつか書いていきます。

努力値配分に関してはざっくりです。すいません

ぶっちゃけORASダブルで生まれた闇です(笑)

f:id:pinopeace329:20160220004606g:plain

クレセリア@メンタルハーブ

生意気HBD調整

ムーンフォース、瞑想、トリックルーム、眠る

 

詰ませ性能を最大限に高めた瞑想クレセリア

技は火力は低くても、無効にされないムンフォ1本にしてました。

初動のトリルを無効にされたくないのでメンタルハーブ持ちです。

回復技は毒で殺されるのが嫌なのとTODも狙えるので眠る一択です。

 

使い勝手が悪すぎて没にしました。

積んでもヒードランギルガルド倒せないんです。。。

f:id:pinopeace329:20160220004606g:plain

クレセリア@防塵ゴーグル

生意気HBD(Sは自分のヒードランより1遅く)

トリックルーム、日本晴れ、月の光、サイコキネシス

 

最近増えている対雨構築を意識しての晴れトリルクレセリア

サブROMでリザバナクレセドラン(ドサイ)+αでやってた時に

誕生したクレセリアです。

トリルから展開しても対トノルンパの場面でクレセリアが置物になりがちなので、

トリルが通った次のターンに、日本晴れでリザYorヒードランの熱風の

火力の底上げと相手の天候上書きが結構強かったです。

ちょっと腐りやすいですが、相手にモロバレルがいても、

トリル化で動きやすいように防塵ゴーグルとサイキネです。

 

対雨とサナバレル系に対しては強いのですが、

ほかに対してからっきしなので没にしました。

f:id:pinopeace329:20160310033059g:plain

スイクン@オボンの実

控えめHCベースDS調整

熱湯、冷凍ビーム、追い風、バークアウト

 

攻撃的な追い風スイクン

メガガルーラスタンのテンプレの形の

メガガルーラランドロス(威嚇、電気無効枠)+ヒードラン(対炎、フェアリー)

+S操作枠(クレセリアボルトロスなど)+自由2枠の

S操作枠に入れて使ってました。

相手のガルランドアロー等に熱湯で圧力かけたり、

ニンフィアメガサナヒードラン等からバークアウトで火力奪ったり、

いい仕事をしてくれました。

対雨の性能も悪くないので、来期もちょっと使いたいと思ってます。

 

以上です。

今期はクレセリアの技や配分をいろいろと試行錯誤してたので

いろんなクレセリアが生まれました(笑)

 

ちなみに今回のタイトルもグリザイアの果実より

入巣蒔菜の名言です。

負けなければ、それでいい。戦績をあせる必要はないのよさ。

 

次回はシーズン14の使用構築について書く予定です。

ではでは👋

ザ・クーデレ・オブ・フォーチュン・榊由美子、1980円! [ポケモン ダブル]

どうも。ピノです。

 

シーズン14も残り2週間とちょっとですね。

というわけでダブルに熱中してます。

1800を突破して、現在1800中盤です。

ちなみに自己最高レート更新中です(笑)

 

今回は最近、ダブルでマッチングして

強いなと感じたポケモンをいくつか書いていきます。

 

ウルガモスゴツゴツメット

f:id:pinopeace329:20160226025900g:plain

熱風、さざめき、目覚めるパワー(地)、ギガドレイン

追い風、守る、蝶の舞、羽休め など

 

対サナバレルやクレセドランなどの特殊を軸とする並びに

滅法強い上に蝶の舞の存在がやはり大きいですね。

サナバレルクレセドランボルトガルドニンフなどの

一線級の特殊キャラに対して強気に出れるうえに

S100からの熱風が滅茶苦茶強いです。

炎の体とゴツメでメガガルーラも牽制できて、

ガルーラスタンの性能が滅茶苦茶高いなと思ってます。

今の僕の構築だとチョッキランドロスしか回答がなく、

他の5匹に信じられないくらい刺さっているので、

マッチングするだけで絶望します。

ファイアローランドロスが現環境に多いおかげで

数が少ないのが救いです。

 

ニョロトノ@拘りスカーフ、脱出ボタン、オボンの実

f:id:pinopeace329:20160226033548g:plain

熱湯、冷凍ビーム、凍える風、

守る、手助け、滅びの歌、雨乞い、アンコールなど

 

トノルンパ、トノラグ、トノグドラなどの雨構築、

滅び構築、クレセクチートなどのトリル構築、

サナバレルの補完枠、など

とにかく汎用性が高いと思ってます。

型が豊富なので対処が面倒な上に、放置してしまうと

雨熱湯でこちらが壊滅しかねません。

横にサーナイトクチート、ルンパッパなどの

高火力エースがいる場面が多く、

どうしても処理が遅れがちなのが今後の課題です。

第6世代でちょっと太ったニョロトノ可愛いですよね。

 

他にもマリルリとかゲッコウガ強いなと思ったんですが、

シングルとほとんど同じなので書くことが少ないです(笑)

スイクンニョロトノミロカロスマリルリゲッコウガ

モロバレルが環境に居座っているにもかかわらず、

ポケモンが徐々に増えてるなと感じます。

シーズン14も残りわずかですが1900めざして頑張ります。

 

ちなみに今日のタイトルはグリザイアの果実の

入巣蒔菜の名言(迷言?)です(笑)

 「ザ・クーデレ・オブ・フォーチュン・榊由美子、1980円!」

by入巣蒔菜

 

これとか絵描き歌の件とかの

蒔菜と由美子のちょっとおバカなやりとりが結構好きです。(笑)

 

 ではまた次回👋